日焼け止めを塗布して効果を維持するために

肌を白く保つためには日焼け止めが欠かせませんが、せっかく塗るのですから日焼け留効果をできるだけ長く維持したいものです。
いくら高級な日焼け止めクリームであったとしても、時間とともに汗で流れたりと効果は薄くなります。
だからこそ日焼け止めを使うのであれば、朝の塗布で終わりにはしないで、日中もこまめに塗り直しをすることが大事です。
特に夏場の気温が上昇をする時期になると発汗量は多くなりますので、汗をかいた後には軽くふき取って、日焼け止めを塗りなおします。
海やプールに出かけた時にも水で成分は落ちていくので、何度か再度日焼け止めは塗ることです。
時間的には夏のシーズンであれば特に、2時間から3時間おきほどの間隔で、日焼け止めは付け直すようにします。
高いSPF値だったら塗り直しが必要ないわけではありませんので、数時間ごとの塗り直しをして紫外線から大切な白い肌を守ることです。
1日が終わったらバスタイムで、塗った紫外線はしっかりと落とします。

sub置換

Copyright© 美容 All Rights Reserved.