ニキビ肌や敏感肌でも低刺激のベースメイクを

肌にニキビができているときや、いつもよりも皮膚が敏感になっているときには、メイクをいつも通りにすると肌に負担ではないかと気になります。
デリケートな状態になっている肌負担を考えると、メイクは控えようと考えるのも無理はないですが、日中は外部の乾燥や紫外線に肌が影響を受ける時間帯です。
肌にとってはトラブルの要因となる環境ですから、素肌を守ってあげる必要がありますし、リキッドタイプなどをしっかりと塗らなくても、ベースメイクをしてあげるようにします。
全くのノーメイクで日中を過ごしてしまうと、紫外線や乾燥で敏感肌やニキビ肌は余計にダメージを受けやすくなりますが、配合成分も低刺激なベースメイクをすると、それだけ肌は保護をされる状態です。
各コスメメーカーからは様々なベースコスメが市販されていますし、カバー力はしっかりあって成分的には優しい商品などを選べば、肌のコンディションが良くない時のメイクでも心配はありません。

sub置換

Copyright© 美容 All Rights Reserved.