メイク一つで夜に映える顔立ちになる

普段のメイクと違うお呼ばれメイク、昼間と違って、明かりのない夜に映えるのは、彫りの深いブラウン系で、キラメキを色としてのせることにあります。
ベースメイクでは、化粧下地とファンデーションで毛穴隠しが大事で、BB同様にCCクリームも毛穴レスに導きます。
夜メイクはモード系が基本、彫りの深い目元に魅せるにはブラウンやベージュ系など、トーンを揃えたカラーをチョイスします。
アイホールまで大胆に色をのせることで、立体的で大きな目元を演出できます。
眉マスカラでアイメイクとトーンを合わせることも大事です。
反対に夜メイクでも、明るい雰囲気でのお呼ばれメイクには、華やかさや愛されメイクが適しています。
ベースは同じでも、ピンクやパープルのアイカラーを使えば、可憐な目元に仕上がります。
キリッとしたアイラインで印象にメリハリをつければ、一気に大人仕様のアイメイクになりますし、毛流れを生かしたふんわりナチュラル眉は、パウダーで作り出します。

sub置換

Copyright© 美容 All Rights Reserved.